Event is FINISHED

ケーススタディ「企業CSR×NPO」の協働が「政策」になるまで ~ 若者UPプロジェクトを題材に ~

Description
2010~2017年度に実施された日本マイクロソフトと子ども・若者支援に取り組むNPOとの協働事業「若者UPプロジェクト」が、その成果を認められ、2018年4月から、厚生労働省「地域若者サポートステーション」(サポステ)事業を統括する、若者自立支援中央センターに引き継がれて実施されています

民間の取り組みが「政策化された」とも言えるこの成果は、どのようにして実現したのか。プロジェクトの経過を追い、企業・NPO・行政それぞれの立場からの発言をもとに、多様な組織が協働して社会を良くしていく(コレクティブ・インパクト)ためのポイントを探ります。

なお、当日は、若者UPプロジェクトの経過と関係者へのヒアリングをまとめたレポートを前提にケーススタディを進めていきます。レポートは、おって若者TECHプロジェクトのWEBにて公開いたします(公開次第、お申し込み者にはご案内いたします)。

<レポート骨子>

  • コレクティブインパクトアプローチと若者UPプロジェクト
  • 共通のアジェンダ-異なるプレイヤーを繋ぐビジョン-
  • 共有された評価システム-何をもって成果とするか-
  • 相互強化の取組み-個々の強みを掛け合わせる-
  • 継続的なコミュニケーション-信頼関係を醸す-
  • 取組みを支える組織-縁の下の力持ちの重要さ-
  • イノベーション的側面から見たコレクティブインパクトの特徴
  • コレクティブインパクトを推進していくための課題

<当日のプログラム(予定)>
  • 基調レポート
    田中 成幸 氏/株式会社GOB Incubation Partners エグゼクティブパートナー
    (元 野村総合研究所 公共経営コンサルタント)
  • 主なステークスホルダーからのコメント
    日本マイクロソフト
    NPO
  • ディスカッション
    コーディネーター:田中 成幸 氏
    会場からの質疑応答を含む
<実施詳細>
  • 日時:2019年2月8日(金)、13:30開場、14:00開会、17:00閉会
  • 会場:日本マイクロソフト株式会社 セミナールーム
    ※入場には、別途、日本MS社から発行される入館証が必要です。
    ※入館証は当日配布となりますので、2階正面玄関裏手のセミナー受付にて
     お名刺のご提示をお願いいたします
    ※入館証発行手続のため、2/7(木)正午までにお申し込みください
  • 参加費:無料
  • 主催:若者TECHプロジェクト
<お問い合わせ>
 若者TECHプロジェクト事務局
  (認定NPO法人育て上げネット内)担当:山本賢司
 TEL:042-527-6051(平日10-17時)
 Mail:ms.tech@sodateage.net
Fri Feb 8, 2019
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット(無料) FULL
Venue Address
港区港南2丁目16−3 品川グランドセントラルタワ Japan
Organizer
育て上げネット
166 Followers